外国人の在留資格申請の代理人を業としている行政書士

外国人が日本に滞在するためには、パスポートを所持しているだけでは足りず、在留資格というものを申請して取得している必要があります。
この在留資格は20数種もの種類があり、その滞在目的に応じてそれぞれに必要な資格を取得する必要があるのです。

留学 情報に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、その申請手続きは非常煩雑なものであるために、自分で行うのは大変であるので、それを行う代理人がいるわけです。

この在留資格申請の代行を主に行っているのが行政書士であり、中にはそれを専門にしている行政書士事務所もあるくらいです。

在留資格にはそれぞれに違いがあるので、日本に滞在しようとする外国人は、その目的に合った在留資格を取得しておく必要があるわけですが、その種類ごとに滞在できる期間もまた違っているわけです。

従って、もしその期間を超えて滞在する必要ができた場合には、その期間延長を入国管理局に申請して受理してもらわなければなりません。

短期 留学情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

もしも、この滞在延長許可を得ずに期間を超えて滞在していた場合には、滞在超過(オーバーステイ)となって、入国管理局に摘発されることになってしまうからです。


さらには、途中でこの資格の種類を変更する必要がある場合が出てくることもあるので、そうした場合にも、変更のための手続きを入国管理局に申請して許可を得る必要があることになります。



このために、こうした煩雑な手続きを本人に代って行うために、行政書士などその手続きに精通している専門家が、その代行を業としているわけなのです。